朝焼けの中で

日の出、朝焼けのブログです。

サカイセンシュケン2018〜2019

M3で2位。昇格

f:id:moorie:20190121181910p:image

表彰台では無帽で!と言われているのに、優勝者は帽子かぶって、3位はヘルメットもかぶってるし。。。。

阪急と南海を乗り継いで会場入り。

f:id:moorie:20190121182007j:image

阪急電車は車イスを置くスペースがあるので輪行しやすい。

対面四人かけ車両ならほぼ全車両にスペースがある。そうじゃなくてもスペースは確保されていることが多い。みつけるコツは駅のホームのエレベーターがあるあたり。車椅子の乗客の利便性を考えるとそこがベストだ。ちなみにJRだとエレベーターの位置うんぬんは関係なく西行きは先頭車両、東行きは最後尾の車両にスペースがあることが多い。


f:id:moorie:20190121182004j:image

ちなみにこのスペースはバンドマンも狙ってます。

南海は混雑していてスペースを見つけられず。

石津川駅から会場までは自走。

堺は雨。

試走も雨だし、レース時間までずっと雨。

今までバケツをひっくり返したような雨のレースも経験あるので、レース時間中の雨は慣れているが、レースを待っている時間中が非常に寒い。試走で濡れた服を着替えて試合用のジャージの上にポンチョを着てスタートを待つ。寒さで非常にテンションが低い。温かいお風呂に入りたい。

3番シードの予定だったけど、1、2番が欠席だったのでポールポジション。ちょっとプレッシャー。ど平坦の堺で昇格できるのか。太ったから山より平地の方が向いてるかも。C2の時のように周囲に友達も少ないので寡黙にスタートを待つ。

いざスタート。一番いい位置からスタートしたのに、選択したギアが重過ぎて踏めない。周りから一気に10名くらい逃げられる。シケインまでは流れるように進むのでなかなか追いつけない。

全部で3周。追いつけるのか。

f:id:moorie:20190122104742p:image

シケインや砂場など細かい障害の処理も特に上手くは無いんだけど、要領だけですり抜けて前に割り込んでいく。

長いコースなので1周目の終わりで3位くらいまで追い上げた。このままで表彰台だけど、まだ前も見えているので引き続きがんばる。2周目終了時点でトップ。自分でなかなかやるなーとか思ってたら抜かれた。ゼッケン番号の大きい選手。CM3は何度も参加して昇格してないゼッケンの若い選手より、たまに出るゼッケンの大きい選手が強い。ついていけない。油断してるともう一人に抜かれた。でもこの選手は一度抜いた選手なのでまたシケインで追い抜いてゴールまで逃げ切る。

f:id:moorie:20190122105540p:image

走ってると寒さは感じなかった。テムレスのおかげか。ちょっと変速操作しにくいけど。

2位。昇格。うれしいけどくやしい。表彰式でシャンパン開けられないやん。あと金のワッペンもらえない。C2から落ちて、C3に行くか、CM3に行くか選択できて、CM3にしたのは金のワッペンが欲しかったから。なのにここでも勝てなかった。

f:id:moorie:20190122105807j:image

あと1枚くらい入るスペースあるので来シーズンM1目指してがんばるか。

実は13年くらい前にマスターで優勝したことあるんだけどその当時はワッペン制度はなし。それから若ぶるためにC3に移動してC2に上がって10年ワッペン無し。今年M3に移動して銅2、銀1。

振り返ってM3楽しかったなー。特にM3初参加の信太山は最後尾からどんどん抜いてすごくおもしろかった。参加する前はシクロクロスはもう応援だけでいいかな?と思いかけてたのに結局そのあとずっと参加してる。

f:id:moorie:20190122111042j:image

マスター年間総合優勝ジャージの上に飾る。当時40歳だったので有利だった。