朝焼けの中で

日の出、朝焼けのブログです。

ゴアテックス パックライト トレイルショーツ

f:id:moorie:20210611134612j:image

前回はゴアテックスのシェイクドライのジャケットを買って600km走ってインプレしたけれど、今回はゴアテックスの違う素材、パックライトのトレイルショーツを買って試してみた。

シェイクドライ同様高価格な防水製品。

モンベルでパックライトのジャケットはシェイクドライのジャケットより高い。

今回は600kmも使用してなくて、たまたま雨降りに自転車を1時間くらい乗っただけのインプレ。

f:id:moorie:20210611135110p:image
f:id:moorie:20210611135113p:image

エストがゴムの半ズボン。

購入価格は12000円くらい。

半ズボンでカッパと考えるとかなり高い。

高いだけあって水弾き性能は高く、内側も蒸れにくい。

半ズボンなので安い半ズボンのカッパでも蒸れにくいという説もあるが、たぶんパックライトの性能が高いのだろう。

前面に用を足すファスナーが無いのとポケットが右斜め後方に一つなのでそこが少し不便。ポケットも財布やスマホを入れるとペダリングしにくい。ジップロックに入れたお金とかマスクなど薄くて軽いものしか入れたくないかも。

トレイルショーツとはあるが雨も降ってないのにこのショーツをはいて、もし転倒して破くと悲しいので雨が降るかもしれない時だけ使う予定。

レースやブルベじゃないと雨の日はまず走らないが、通勤でも雨の日は便利。ただし半ズボンなので春夏秋限定。

1時間以内の激しいレースでも使わないと思う。それくらいだと濡れるのを我慢できるから。

数時間の雨のオンロードツーリングやブルベには最適だと思う。

特に気にいったのはその素材感。

シェイクドライは性能は高いにもかかわらず、いかにもゴムカッパみたいな見た目。レースなどで走っている時はいいが、農作業用みたいで着たままコンビニに入るのも躊躇する。それにたいしてパックライトはサラッとした上質のウールの様な繊維で高級感がある。水滴を払えば普段着感覚なので電車に乗っても違和感が無い。

個人的にはアドベンチャーレースや豪雨のブルベなどを除けばパックライトの方がおすすめかな。f:id:moorie:20210611134609j:image

防水性能は高いが半ズボンなので膝から下はずぶ濡れ。

足元は濡れるのでサンダル履きがいいかな。

モンベルピークドライシェル

ブルベ高松600kmの前半190kmが雨。今回そこで使用したレインウエアがモンベルピークドライシェル。ゴアテックス社のシェイクドライという素材を使用したジャケット。そのインプレッション。

f:id:moorie:20210429142232j:image

ブルベ1週間前に急に天気予報が晴れから雨に変わり、急遽高性能なレインウエアが必要となった。数時間の雨ならそこそこのレインウエアで誤魔化すのだけど、雨の中を延々と寝ずに600km走ること考えると確かな物じゃないと風邪をひく。

Raphaのシェイクドライジャケットも37000円でそんなに価格差が無いので欲しかったが通販だと間に合わず、大阪まで買いに行く時間が無くて諦めた。なので京都駅のモンベルショップでシェイクドライ2種類から試着して決めた。

自転車用と登山用。

f:id:moorie:20210429144958p:image

色はタイヤのチューブみたいなのしかない。

自転車用の方が背中が長くリフレクターもついていて自転車に乗ることを考えると使いやすい気がしていたが試着してフィット感のルーズな登山用にした。その理由はMサイズで下にパタゴニアのパフジャケットを着ても動きやすかったこと。大きすぎず、タイトすぎない。ちなみに177cm70kg。

自転車用のシェイクドライはフードが外せるので便利。自転車に乗る時のフードって風の抵抗を受けやすいのが嫌なところ。ただ今回ブルベということもありそれほど高速走行しないので問題なかった。

f:id:moorie:20210429142558j:image

実際雨の中をずっと着た感想は、防水性能は完璧に近い。雨を弾いて生地に浸透してこない。風で水玉が飛んでいく。ジャケットはずっと軽いまま。サラサラしてインナーにまとわりついてこない。中はファイントラックのアンダー、パタゴニアのキャプリーンロングTシャツ、アウターのモンベルピークドライの3枚だけでずっと走ったけど昼も夜も寒くもなく暑くもなかった。激しい登りで急に強度上げると内側から蒸れる感じはするが強度を上げなければ問題なし。ジャケットの生地もしなやかで、軽いウインドブレーカーくらいの重さなので、もし脱いでもそれほど邪魔にならないので雨の可能性があれば今後も必ず持つジャケットだ。ただ超軽量のウインドブレーカーよりは少しかさばるのと、ファスナーが止水ジッパーなので開閉が固い。自転車に乗りながら片手だと開け閉めしにくい。なので開ける時は襟あたりを口でくわえてファスナーを下に下げていた。閉める時は両手ばなしで左手で下を抑えて右手であげる。自転車乗車しながらだと少し怖い。

予算に問題なければ買って損はない一着。ただ暑い日だと色が黒なのですごく暑く感じる。そういう時は脱げばいい。

ちなみにレインパンツは1マン円程度のシャラシャラならない非ゴア商品を選択したがどうせなら2マンくらい出して最高ランクの物を買えばよかった。寒くは感じなかったがずっと雨に打たれていると素材がじとっとした感じで重く感じるのだ。あとレインパンツの中が蒸れたのか股擦れができた。こまめに休憩して股間はドライにする必要があった。

手袋は袖口が絞れる防寒ウインターテムレスを使用。レインジャケットの袖口を閉めてなかったので腕から水が侵入してしまった。これは少し不注意だったので次は袖口対策をしっかりすればこのテムレスで問題ないと思う。新製品テムレスアドバンスも購入して試してみたい。寒い時期でなければ手袋は濡れても問題ないけど。

f:id:moorie:20210429143803j:image

バッテリーや着替えはモンベルの防水パック入れておいて助かった。私アピデュラのサドルバッグは防水タイプじゃないので入れて無かった手袋などはびしょ濡れだった。

BRM417近畿600高松

 

f:id:moorie:20210420132100j:image

3月13日から始めたブルベ。

約1ヶ月で200km、300km、600km、3枚のメダルをゲット。金色に光ってるのが今回の600kmメダル。

同一年に400kmを完走し、メダルを受け取れば、さらにSR(シュペールランドヌール)という称号のメダルを購入する権利が得られるんだけど、

今は膝とお尻が痛いのでしばらく休みます。

600kmはいろいろ反省が多い。

まず今まで最高で300kmしか走ったことが無いのにいきなり600kmは無理があった。400kmを先に走ればもう少し楽だったかも。

とりあえず雨と機材トラブルに関しては対処できた。パンクもなかった。

今回リムブレーキで参加したけど次に雨の場合はできれば泥除けつけたディスクブレーキの自転車を選択するかな。

着替えなどの持ち物は多過ぎた。

ただ途中でトラブルがあって輪行して戻る可能性を考えると、持っていってよかったかもしれない。雨がやんでからも立ち止まると身体がぐんぐん冷えるほど寒い二日間だったから。経験豊富な人ほど荷物は少ない。

サドルとレーパンとシャモアクリーム。

今までサドルと相性が悪いと感じてなかったが、600km走ると座れないほどお尻が痛くなった。

普段レーパンを履かずに走ることが多く、今回もはいてなかったが、次回は履くかも。少しでもお尻のダメージを減らしたい。

あと100kmごとにコンビニで休んで、トイレで股間をタオルできれいにして、摩擦防止クリームなどを塗るとダメージは少ないように思う。私も持っていたのに疲れてくると丁寧に対処できなかった。

あと制限時間内完走だけを目指すなら休憩をもっととって、身体をリセットするように心がければ楽に走れそう。次に出るなら途中お風呂屋さんでさっぱり身体をきれいにして少し仮眠して走ることにする。

レポート。

一週間前に急に天気予報が雨に変わって、急遽雨具を準備して臨んだ600kmブルベ。

雨具のレポートはまた別の機会に書きます。

嵐山からは阪急の方が安いんだけど、阪急は乗り換えが多くて自転車を持って移動するのが大変なのでJRで移動。値段倍くらいするけど。

f:id:moorie:20210419151233j:image

神戸0時。
f:id:moorie:20210419151449j:image

今回は自転車を組み立てたままフェリーに乗り込む。その方が翌朝高松着いてすぐに移動できるので。

その分自転車持ち込み料金が発生するのと、乗船するのが後回しになる。朝時間に余裕があるなら自転車バラして乗る方がいいかな。

BRM417近畿600高松の申込は41名で出走は21名。完走17名。

天気予報が初日一日中雨なのでやめた人が多かった。
f:id:moorie:20210419151252j:image

普通に雨降り。

雨なのにみんな速い。

練習か!っていうほど普通に速いので着いて行かない。

最初のPCの展望台は雨と霧で何も見えず。

f:id:moorie:20210420112442j:image

通過した証拠写真

香川から徳島、高知へ抜ける大きな峠を越える。

雨の峠の下りは非常に恐ろしい。

祖谷のかづら橋とかも観てみたいけど先が長いので寄り道するのを我慢してルート通りに進む。
f:id:moorie:20210419151503j:image
f:id:moorie:20210419151208j:image

楽しみにしていたひばり食堂。

カツ丼が食べたかったけど開店までまだ40分あったので待たずに通過。

ちなみに帰りは開店の10分前に通りかかったが既に30名近く並んでいたので食べるのを我慢した。
f:id:moorie:20210419151230j:image

日本一の大杉も気になったけどパス。

初めての600kmなので気持ちに余裕が無い。

道の駅大杉で生姜焼きを食べる。
f:id:moorie:20210419151458j:image

猪肉なのか、肉が固い。

高松から100キロくらいで徳島、高知市に入るがそこから200kmは延々と高知県。往復で400kmが高知県

高知って高知市過ぎるとすごい田舎で下手したら2時間以上コンビニが無い。

190kmで雨上がる。
f:id:moorie:20210419151246j:image

山が深い。
f:id:moorie:20210419151212j:image

コンビニで休憩している時にたまにこのブルベの参加者と会う。

f:id:moorie:20210419151236j:image

土佐


f:id:moorie:20210419151507j:image

ヘビか?
f:id:moorie:20210419151225j:image

目指していたPCのコンビニと思って入ったら違うかった。かなりショック。

店員さんに聞くと、すぐ近くですよ。あと10kmくらい先ですって言われて凹む。10kmってすぐ近くなのか。
f:id:moorie:20210419151256j:image

暴風の足摺岬

折り返し地点。

看板と自転車の写真を撮ってくるように指令されていたが写真撮っている時に風で自転車が倒れた。リアメカ壊れなくてよかった。

道が悪く、野生動物が多い。

たぬきがぶつかってきそうになるし、リスもチラホラ。

f:id:moorie:20210419154400j:image

真っ暗で眠いと幻影のようなものが見えてくる。

光を感じてチェーンの音がしたので誰か追いついて来たと思って振り返って見ても何もなかったり。けっこうやばい時間帯だった。

足摺岬の手前で折り返してきた先頭の三船さんとすれ違う。

間隔は約30キロ。時間でいうと2時間か。

300kmで2時間差が600kmのゴールタイムが9時間差。私は行きが16時間、帰りが20時間50分もかかってしまった。長くなればなるほど経験と実力が必要だ。

結局一睡もせず走ったが、日が暮れてから朝まで非常に眠かった。

夜間は風が強いし、寒いし、暗いし、眠いし、店も無い。

一週間くらいカフェインをやめていたので缶コーヒーで一時的に目が覚める。

また眠くなって次はコーラでも一時的に目が覚めた。

そのあとのモンエナでは個人的には目が覚めず、量が多いので苦しくなった。

伊右衛門のお茶も一時的に目が覚めた。

誰もいない道では歌を歌って走った。

飴も舐めていると目が覚めた。ただ無闇に口にすると胃が痛くなってきた。

f:id:moorie:20210419151628j:image

帰路の四万十も深夜で開いてる店がほとんどない。

すき家があったので牛丼。

食べるのもしんどい。

生卵2個入れて流し込んだがなんか気持ち悪い。

ちょとちょこ補給しすぎているのか、お腹が受け付けなくなってきた。
f:id:moorie:20210419151201j:image

平均スピードがどんどん下がっていく。

平均スピードが15kmまでなら完走。それ以下になると完走しても完走認定にならない。f:id:moorie:20210419151239j:image

高知は路面電車多い。レールの隙間にはまらないように気をつける。
f:id:moorie:20210419151146j:image

はりまや橋ってこの赤い橋なのか?

立ち止まって確認する元気がなくなっている。

400kmすぎてから膝、股擦れ、お尻の痛さがひどくて、やめたくなってきた。

ただやめるにしよ高松まで帰る必要があるのでダラダラ乗って帰ることにした。

f:id:moorie:20210420133544j:image

最後のPCで写真撮影。あとは帰れば完走。


f:id:moorie:20210419151150j:image

500km過ぎてからの登坂車線はキツい。

膝が痛いのでキツいところは降りて自転車を押した。

f:id:moorie:20210419151517j:image
f:id:moorie:20210419151219j:image

往路ではなんとも思わなかった峠だが復路は下りがすごく怖い。左側が崖の峠の下りは恐ろしい。曲がれずに落っこちたら死ぬ。雨降ってなくてよかった。

香川に入ってもう写真を撮る余裕も無い。

36時間50分で終了。

そんなに飛ばして走って無いので筋肉痛や足攣りはなかったが膝痛と股擦れがひどい。それが無ければ4時過ぎのフェリーに間に合ったな。
f:id:moorie:20210419151205j:image

完走審査会場。

香川にまで来てうどん食べる余裕なかったのでフェリーで食べた。
f:id:moorie:20210419151436j:image
f:id:moorie:20210419151242j:image

にゃんこうどん食べたかったけど寒いので汁ありのかやくうどんにした。
f:id:moorie:20210419151155j:image

雨190km。このBB下に泥が詰まってリアメカが変速しなくなった。

f:id:moorie:20210419151520j:image

オイルは持っててよかった。

雨ブルベには絶対必要。

チェーンに2回。BB下にも一回。前後変速機にも一回オイルをさした。

f:id:moorie:20210420133919j:image

キャットアイの暗くなると自動で点滅するタイプとスイッチを入れると暗くなくても点灯するタイプ。ブルベでは常時点灯推奨なので片方を常時点灯して、夜間や昼間でもトンネルなど暗くなるともう一つを自動点滅させていた。
f:id:moorie:20210420133922j:image

f:id:moorie:20210420134133j:image

紛失を懸念していたテールランプは2日目の朝なくなっていた。
f:id:moorie:20210420133926j:image

チェーンが伸びた。
f:id:moorie:20210419151513j:image

基本はこのキューシートで道を確認して進む。
f:id:moorie:20210419151439j:image

今回は親切に交差点のコマ図もついていた。

振り返ると、わかりにくい、間違いやすい分岐では先を急がずにキューシートとコマ図で確認すれば道間違えを防げる。実際はせっかちに先を急いで間違えたまま走ったりした。長ければ長いほど雑に処理しないことが重要だ。

f:id:moorie:20210420134246j:image

今回やたらとオフコース表示になったGARMIN520J。小田和正か!

自分の設定が悪いのかこのGARMINの精度が悪いのか、ほとんどナビが機能していない。理由はよくわからないが次に長いブルベを走るなら新しいGARMINを買う。

 

 

 

 

BRM417高松600予定。

4/16夜8:00頃京都発。

三宮餃子満園で前夜祭。

4/17、1:00神戸港発。

4/17、5:15高松着。

5:30ブリーフィング

6:00スタート。

高松〜足摺岬〜高松600km。アベレージ17.65km34時間でゴールを目指す。

4/18、16:00ゴールできれば16:30の神戸行きフェリー。フェリーで風呂と仮眠。

21:00神戸港

22:17JR三ノ宮

23:43嵯峨嵐山

家でゆっくり寝て仕事。

4/18、16:00ゴールできなければアベレージ15km40時間22時高松駅がリミット。これが無理でゴール認定されなくても最悪4/18の24時過ぎに高松港に戻れば月曜日朝から仕事できる。

4/19、1:00高松港フェリー。フェリーで風呂と仮眠。

5:15神戸港

6:02JR三ノ宮

7:36嵯峨嵐山。そのまま仕事。

結局満園はコロナ蔓延防止のため行けず。

日曜日は4時半のフェリーに間に合わず、深夜1時の便で月曜朝帰宅。

 

ブルベ600km準備

準備。

f:id:moorie:20210406190119j:image

コースをガーミンに入れました。

これでガーミンのバッテリーが切れなければ道に迷わないと思います。
f:id:moorie:20210406190112j:image

ガーミンに何を表示するのか。

悩ましいです。

①時間。今の時間。

②平均スピード。平均15kmを下回らなければ完走できます。

③距離。今どれくらいの位置にいるのか重要なファクターです。

④バッテリー。命綱です。減ってきたら充電します。

⑤タイム。経過時間。あと何時間走るのか。

⑥進行方向。わからないと不安になります。

⑦高度。なくていいですけど、どれくらい登るのか指標があると気が楽になります。

⑧スピード。アベレージが15km以下の場合、借金返済のためスピードを上げます。

⑨ポイント距離。設定してある小さな目的地までの距離。うっかりポイントを見逃すと完走扱いになりません。

どういう項目にするのかいつも試行錯誤です。


f:id:moorie:20210406190057j:image

空気入れ。

自転車につけっぱなし。
f:id:moorie:20210406190102j:image

テールランプ。

メインと予備。


f:id:moorie:20210406190105j:image

コックピット。

ライト2、ガーミン2。ハンドルの上部を握れるようにしてます。
f:id:moorie:20210406190054j:image

ブレーキワイヤー、シフトワイヤー。

チェーンピン。ダクトテープ2。養生テープ。ガムテープ。タイラップ。ブレーキシュー2。
f:id:moorie:20210406190116j:image

ガスボンベ。空気入れ。ミニ六角レンチセット。

普通六角レンチセット。チェーンカッター

レザーマンツール。
f:id:moorie:20210406190108j:image

レザーマンはペンチ、ハサミ、やすり、栓抜き。
f:id:moorie:20210406190050j:image

タイヤチューブ3、ニトリル手袋、マスク。

BRM327近畿300km京都 ぐるり渦潮

朝2時半に家を出発。

3時20分伏見港公園着。

3時半からブリーフィング。

3時40分スタート。

ブリーフィング時に今回のブルベはジェノバラインという渡船区間があり、船は1時間に一本。船を待っている間も乗っている間も時計は止まらないので注意してくださいとのこと。

制限時間は休憩も込みで300kmで20時間なのでグロス平均速度15kmで走れば間に合う計算。

果たしてどうなるか。

f:id:moorie:20210328102206j:image

スタートして明石へ向かう。

西国街道など信号の少ないコース設定なのはありがたい。
f:id:moorie:20210328102253j:image

34km走ってまだ288kmも残ってる。
f:id:moorie:20210328102245j:image

タケちゃん探したけどいなかった。

明石に着いたのが8時40分頃。

船が行ったばかりで50分ほどロス。

目の前のみなと食堂で食事をする。

時間はロスしたけどこれはこれでありがたかった。

結局この日まともな食事はコレだけだったから。
f:id:moorie:20210328102301j:image
f:id:moorie:20210328102240j:image

焼き穴子丼。
f:id:moorie:20210328102219j:image

蛸入りだし巻き。

明石のだし巻きは出汁に浸かってる玉子焼だからだし巻きなのか。

白ごはんを追加して燃料チャージ完了。
f:id:moorie:20210328102257j:image

淡路島に入ってすぐみんなとハグれる。

花粉症がひどくて薬を飲んでいる間に見失った。
f:id:moorie:20210328102215j:image

しばらくしてwhooから参加されているメンバーをキャッチ。

ヨーコさん速い。
f:id:moorie:20210328102236j:image

沖縄に負けないくらいキレイな海岸。
f:id:moorie:20210328102210j:image

天気も最高。
f:id:moorie:20210328102224j:image

淡路島で淡路島らしいものはコレだけでした。

3時の船の時間に間に合うために必死で走りに走って、脚が痙攣して意識が朦朧となるくらい頑張って走って、港に着いたのが3時1分。ゆっくり船が動き出す瞬間だった。

1時間休憩して明石からは無理なく完走だけを考えて走る。
f:id:moorie:20210328102232j:image

宝塚。

今回はこれと言った観光無し。

10時過ぎにゴールのマクドナルドに到着。

トラブルがなければ時間的には余裕があるように思う。
f:id:moorie:20210328102249j:image

ブルベカードにPCの通過時間とレシートを添えて提出。

1000円で300km走った記念バッジ購入。
f:id:moorie:20210328102228j:image

マクドの照り焼きチキンフィレサンド。

これ一つでビール3本飲めるほど濃厚な味。帰宅前なので飲めないけど。

毎日食べたいくらいおいしすぎた。

ブルベの後だからかな。

これで300km認定なので次のBRM417高松600kmの参加資格を無事ゲット。600km。300kmの倍やん。制限時間40時間。

今回もかなり膝が痛くなったのでその点が心配。

f:id:moorie:20210328110353p:image

反省点、何故かブルベ300kmのログが消えていて、受付までの往復のログしかとれてなかった。ガッカリした。

よかった点、新しいモバイルバッテリーが優秀だったこと。これでガーミンもライトもiPhoneも電池切れの心配がなくなった。

 

ボトルケージの位置を下げる

シマノ SM-BA01を使ってボトルケージの位置を下げる。

フレームバッグを使っていると、バッグとボトルが干渉するのでボトルケージの位置をもう少し下げたい。

f:id:moorie:20210324174232j:image

f:id:moorie:20210324174422j:image

約5cm下げられます。

まず金属のステーをフレームに取り付けて、下げたい位置に樹脂のステーと手持ちのボトルケージをセットします。フロントディレイラーのバンドなどをまたぐ場合は付属のワッシャーを挟んで高さを出します。

ヨドバシで2040円。

f:id:moorie:20210324174132j:image

f:id:moorie:20210324174542j:image

単純なのに高い部品ですが、ボトルは取りやすくなりました。

ロングサイズのボトルも入るかも。

器用ならホームセンターにある穴開きステーを使って自作できそうです。