朝焼けの中で

ぶらいあんの自転車日誌

BRM514近畿400川西

f:id:moorie:20220515071643p:image

川西400。

400kmブルベで非常に人気のコース。

その理由はアップダウンが少ないので完走率が高いから。

400kmブルベは年間でのイベント数が少ない。少ないけれど400kmブルベを走らないのならさらに厳しい600kmブルベを2回完走しないとSRの認定が受けられない。なので難易度の低い川西ブルベに申し込みが集中する。昨年はスポーツエントリーで申し込み開始と同時に殺到して5分で完売した。完走するより、申し込みできるかどうかが難しいブルベだ。

イベント申し込みは開始前から、パソコンで待機して、必要事項をコピーして、開始と同時にペーストしていく。それで無事参加権獲得。ただいつも一緒の友達は誰も申し込みできず、今回は一人での参加になった。

当日朝。

川西8時スタートなのでまったり電車移動。
f:id:moorie:20220515071600j:image

輪行川西能勢口まで。

阪急が早くて安い。
f:id:moorie:20220515071650j:image

輪行バッグ。

PEKO輪行バッグ。小さいけどヒモや付属が別にあるので二つに分ける。それでもモンベルより少しコンパクト。

ただ生地は薄いので入れる時は注意が必要。
f:id:moorie:20220515071638j:image

スタート受付。

f:id:moorie:20220515071647j:image

お菓子とゼリーもらう。
f:id:moorie:20220515071542j:image

f:id:moorie:20220516180844j:image

他の参加者に比べてまだまだ荷物が多い。

ハンガーノックや寒さや雨を恐れてつい荷物を持ちすぎてしまう。慣れた人ほどたいてい身軽である。

川西〜亀岡

朝8時スタート。距離400km。制限時間は27時間。翌日午前11時までにチェックポイントを全て通過して戻ればよい。

雨上がりでまだ路面は濡れている。

空模様は怪しい。

川西からはエマコーヒー、納豆食べ放題、卵食べ放題を通るコース。

亀岡からよく走るルートの逆回り。

知ってるコースなので安心感高い。
f:id:moorie:20220515071547j:image

納豆食べ放題。
f:id:moorie:20220515071550j:image

生卵食べ放題。

食べ放題が好きみたいで恥ずかしい。

f:id:moorie:20220515071627j:image
f:id:moorie:20220515071619j:image

亀岡〜福知山

これもベッキー逆回り。

知ってるルートなので安心感高い。

平沢の池。
f:id:moorie:20220515071539j:image

亀岡から日吉。
f:id:moorie:20220515071553j:image

ゾンネ行かないのに胡麻

ゾンネ寄りたい気持ちはあるけど休憩するには早いので我慢。

f:id:moorie:20220515214237j:image

和知のトンネルを避けるルート。

ここも以前みんなで天橋立に行った時に使ったルート。
f:id:moorie:20220515071630j:image

福知山のシャッターストリート。

商店街がほぼ閉まってる。
f:id:moorie:20220515071633j:image

福知山のPCで

「ぶらいあんさーん!」という声。

見ると、朝ライドの友達とその息子が応援に来てくれていた。600kmブルベを一緒に走った友達。

うれしすぎた。
f:id:moorie:20220515071611j:image

福知山〜舞鶴

この区間このブルベで初めて会った人にひいてもらう。

けっこう速いペース。着いていくのがやっとくらいの速さ。
f:id:moorie:20220515071558j:image

あと暑い。

暑くてオーバーヒート気味。

少し着過ぎていた。

暑いと思ったら面倒がらずにすぐ脱がないとダメだわ。

天気はこの辺りから快晴。

舞鶴〜小浜。

ここも以前小浜〜高浜ツーリングで走った逆周り。
f:id:moorie:20220515071606j:image

ウクライナ旗。
f:id:moorie:20220515071617j:image

小浜で8番ラーメンを食べるつもりがルート上ではなく、なおかつ行き過ぎてたのであきらめる。わざわざ戻ってまで食べる元気がなかった。

しばらく行くと丸亀製麺発見。

麺が食べたかったので近づくと。
f:id:moorie:20220515071608j:image

休業中。

ガッカリして先へ進む。

今回のブルベは店運が悪く、結局コンビニ食だけで400km走った。

悲しいけどそのぶん早く終了できた。

f:id:moorie:20220515071652j:image

小浜〜琵琶湖。

明るいうちに滋賀県琵琶湖に到着。
f:id:moorie:20220515071625j:image

琵琶湖と月と島と自転車。
f:id:moorie:20220515071603j:image
f:id:moorie:20220515071622j:image
f:id:moorie:20220515071655j:image

ひいてもらうも登りで私が少し遅れだす。

なので塩津のPCで先に行ってもらうことにする。

ここから一人旅。

残り150kmくらいかな。

奥琵琶湖から山科へ。太ももがピクピク痙攣してる。攣りかけだ。

何が悪いのか?前半飛ばしすぎたか?最近飲み過ぎか?暑いからか?寝不足か?鉾の練習のせいか?いろいろ思いあたることがあるが、調子悪いのは確か。

リタイアも頭をよぎるけど250kmも走ったし、あとは登りも無いし、少し休んであとは軽いギアをクルクル回してゴールを目指すことにする。制限までたっぷり時間はある。
f:id:moorie:20220515071536j:image

前回のブルベ600kmで走った賤ケ岳。

一人寂しく真っ暗な峠を登る。

絶景なのに真っ暗でよく見えない。
f:id:moorie:20220515071635j:image

下ってからは琵琶湖東岸を南へ。

もうひたすら真っ暗。ダンプやトラックが追い越して行くのが非常に怖い。

PC野洲

マイアミのレースの時にいつも缶ビール買いにくる店やん。よく知ってる道。
f:id:moorie:20220515071555j:image
f:id:moorie:20220515071614j:image

残りも約90km。

あと4時間から5時間で走れるか。

そうするとも20時間切れるかも。

欲が出る。

ただ補給に失敗していて胃が気持ち悪い。

ハンガーノックが怖くて、絶えず何かを食べていたけど、この作戦はエネルギーは枯渇しない代わりに胃がダメージを受ける。もう水も食べ物も受け付けなくなってきた。やっぱりしっかり食べた後は時間を空けて一度胃が空っぽになるまで内蔵を休ませた方がいいと思う。内蔵が調子悪くなると気分がずっと悪い。

おいしいお菓子は大丈夫だけど
f:id:moorie:20220515071545j:image
f:id:moorie:20220515071641j:image

コンビニのおにぎりとゼリーは飽きて受け付けなくなった。

じゅうぶん食べているはずなので食べずに先を急ぐ。

精神的にもキツいのがこの区間だった。

真っ暗で景色は変わらない。メーターの残り距離が減るのを確認して走るだけ。いったい何やってんだろ?何が面白いんだろ?あーやめたい。もうブルベはこりごり。そんなことを考えながらひたすらペダルを回す。

南郷洗堰。

f:id:moorie:20220515220946j:image

山科。

よく知ってるエリア。

京都に入ると気が楽になった。

ただ山科から家に直接帰ると1時間かからないのにゴールは川西。あとは事故をしないようにゴールを目指す。怪我や事故がなければ完走は間違いない。
f:id:moorie:20220515220942j:image

山科〜宇治〜淀〜川西

山科から宇治〜淀が意外と近いのに驚いた。この区間は京都なのによく知らないルートだった。淀駅周辺と西国街道がややこしい。西国街道に入ると300km淡路島ブルべで使ったルートが多く、あまり間違えずに進めた。

国道171号は車も信号も多く、怖いしストップ&ゴーが多いのでしんどい。無理はしないように、でも20時間切りはしたい。そんなことを考えて走っているうちに20時間の20分前にゴール。20時間切りは400kmを休憩も含めて時速20km以上で移動できたということ。ま、ただそれだけなんだけど。

f:id:moorie:20220515220928j:image

ゴールで提出するブルベカードを記入していると突然ブルべカードを紛失した人が慌ただしく戻ってきて大騒動。400km走って、その証明書一式がなくなったら泣くになけない。みんなで探した結果、なんとコンビニのゴミ箱で発見。自分で捨ててたらしい。見つかってよかった。

まだ4時だったので始発までコンビニでウダウダしてから阪急で帰宅。

f:id:moorie:20220515220938p:image

早朝なので座れるのはうれしいけど、気を許すとすぐ寝てしまう。寝ないように思っても寝てしまう。おそろしやブルベ400km。

f:id:moorie:20220515220931j:image

今年に入って200、300、400、600kmのブルベを完走した。これでSRの認定が受けられる。フランス語でシュペールランドヌール。英語だとスーパーランドナー。日本語で言うと「馬鹿自転車乗り」かな。SRは自転車乗りでもブルべやってる人意外には「何それ?」だし、ブルベやってる人にはありふれた称号だけど、一応目標にしてきたのでうれしい。

おしまい。

BRM423近畿600敦賀

f:id:moorie:20220428182707j:image

600kmブルベ。

35時間40分で完走。

4月23日5時スタート。敦賀は暗くもなく寒くもなく、暑くもなく、雨も降ってない。雨が降ってないブルベはそれだけですでに丸儲け。淡々と走ってゴールするだけ。

600kmはすでに一回走りきっているので距離に対する恐怖感は無し。

ただ昨年の600kmで膝を痛めて後半かなり苦しんだので、身体のどこかを痛めず、無理なく走ることを意識する。

f:id:moorie:20220428183009j:image

福井から滋賀へそしてまた福井。

琵琶湖の絶景。

f:id:moorie:20220428182952j:image

絶景ポイント、観光気分で写真を撮っている脇を、ほとんどの参加者は立ち止まることなく過ぎ去っていく。チェックポイントにしてもほとんどの人は最低限停車して再出発していく。600kmブルベに参加する人は時間の管理に厳しい。

前半は登りが長く、厳しいので頑張りすぎないように、そのかわり平地と下りで頑張って走る。
f:id:moorie:20220428182958j:image

今回は一人ではなく朝ライドの仲間と二人で参加。心強い。

最初の観光地モネの池。
f:id:moorie:20220428183017j:image

到着した時は、なんかしょぼいなー、と思ったけど、振り返って写真で見るときれい。
f:id:moorie:20220428183011j:image

郡上八幡

何か名物とか名所あったっけ?

下調べしていなかったので観光もせず先を急ぐ。

f:id:moorie:20220428183055j:image

チェックポイントのコンビニでは主におにぎりを購入。信号待ちなどで食べながら走る。

せめて北陸っぽいモノをと福井梅とます寿司。

f:id:moorie:20220428182950j:image

福井、岐阜、富山ではまだ桜が咲いている。

関西より温度が低い。
f:id:moorie:20220428182947j:image
f:id:moorie:20220428183003j:image

前半の難所西ウレ峠。

非常に長い峠。

ただ斜度は花背ほど酷くないのでまったり走っていれば越えられる。

この大きな峠を越えると高山まで下り基調で走れる。
f:id:moorie:20220428183006j:image

高山まで200kmをアベレージ20kmで走る。これは休憩した時間も含めてのアベレージスピード。これが15kmまで下がらなければ完走できる計算なのでかなり貯金ができている。

ただ速く走ることより、完走することが一番の目標なので無理せず追い込み過ぎないように気をつけて走る。
f:id:moorie:20220428183001j:image

高山から富山まではアップダウンが少なく非常に走りやすい。
f:id:moorie:20220428183014j:image

夜に富山着。

コンビニにホタルイカを採る網が売っている。

ただ海でホタルイカを探したけどいなかった。

ここまでコンビニ食だけで走ってきたので飽きていたのですき家で牛丼。
f:id:moorie:20220428182955j:image

温かい味噌汁がありがたい。

本当は美味しい寿司を食べたかったが、夜になってしまったので開いている店が見つからなかった。

f:id:moorie:20220428183300j:image

富山駅通過。

深夜の富山から金沢が非常に寒い。

疲れて早めの判断ができなかったのか、ジャンパーも着ずに走り続けてしまい、身体が冷え切ってしまう。自転車を漕いでも漕いでも身体が暖まらず、気力もなくなってきて、ペースもかなり悪くなってしまう。もうすぐ金沢だと思って焦って失敗した。
f:id:moorie:20220428183235j:image

金沢駅

深夜。
f:id:moorie:20220428183241j:image

寒いのでちゃんぽんを食べる。

その後快活クラブで3時間休憩。

シャワーして着替えて約2時間仮眠をとった。

完走目的であれば仮眠は有効な選択だと思う。寝ると脳がスッキリする。目覚めて身体は完全に回復していないが、そうダメージも無い。
f:id:moorie:20220428183224j:image

早朝の山中温泉
f:id:moorie:20220428183243j:image

こんなところまで自転車で来てしまった。
f:id:moorie:20220428183232j:image
f:id:moorie:20220428183303j:image
f:id:moorie:20220428183308j:image

徳山ダムなど有名なダムをいくつも通過したようだが、元々あまりよく知らなかったので素通りしてしまう。もったいないことをした。二度と来ないかもしれないのに。
f:id:moorie:20220428183226j:image

北陸はトンネルが多い。長い登りの最後にトンネルがあることが多いので、トンネルがあるとホッとするのだけど、トンネルの中もまだ登りが続くとガッカリする。
f:id:moorie:20220428183311j:image

石川から福井へ。
f:id:moorie:20220428183249j:image

福井は長い。縦に長い福井を縦断していく。
f:id:moorie:20220428183257j:image

アベレージも17kmなので休憩して蕎麦を食べる。

舞茸天ぷらとおろし蕎麦。

f:id:moorie:20220428183218j:image

今回のブルベで一番美味しかった。

美味しいものを食べると精神的にいい。ただひたすら補給食だけで走ってしまうと苦行になってしまう。
ルート上に突然現れた古いトンネル。

事前に調べていなかったが明治に作られた旧北陸線のトンネル群だった。ここから10個ほどのトンネルをくぐっていく。
f:id:moorie:20220428183221j:image
f:id:moorie:20220428183238j:image
f:id:moorie:20220428183255j:image

めちゃくちゃ渋い。

ただ雨漏りがひどいのと非常に寒いのでゆっくり味わえなかった。ともかく寒いので早く脱出したかった。
f:id:moorie:20220428183229j:image

狭く照明も無いトンネル。

なのに対向車が来る。
f:id:moorie:20220428183314j:image
f:id:moorie:20220428183306j:image

敦賀からこのトンネル群だけでサイクリングに来る価値があるくらいいいコース。

トンネルが終わるとゴールの敦賀まで10kmほど。

それもほぼ下りなのであっという間に到着。

f:id:moorie:20220429015226j:image

前泊した敦賀駅前のホテル山形。

レインボーチャンネルが見放題とネットに書いてあったのだが。。。。。。

f:id:moorie:20220429021711j:image

f:id:moorie:20220429015443j:image

敦賀駅の2階がゴール受付。

お尻が少し痛いくらいでさほどダメージ無し。

登りも信号も少ないコース設定だったので気持ちよく走りきれた。600kmの中ではイージーな部類だったかも。

着替えて、ゴールしたら食べようと思っていたお店へ。

f:id:moorie:20220428183403j:image
f:id:moorie:20220428183246j:image

ヨーロッパ軒のカツ丼。

以前から来たかったお店。昭和レトロな洋食屋でとてもいい雰囲気。子供の時に来た洋食屋のイメージ。スター食堂とかムラセとか不二家とか、親に食堂に連れてもらうのが本当にうれしかったなー。

福井ではカツ丼は卵とじじゃなく、ソースをくぐらせたカツがご飯にのっている。

これ並なのだが見た目以上に多い。

半分食べておなかいっぱいになったので半分持ち帰った。

おしまい。

 

準備ブルベ600km(ウエア編)

服装も自転車もなんでもいいわけではないけど、これじゃなきゃダメというほどのこだわりはない。でもできればこういう物がいいというのはある。特に600kmも走るとなるとある程度信頼できる服でないと苦痛なので自分の持っている物の中で一番性能の良い物を選択する。

ジャージ

rapha ウールジャージ フルオープン 半袖

富山方面はまだ寒いかもしれないので半袖ジャージだけど少し厚手。アームウオーマーを併用するとかなり暖かい。暑い時はファスナーをフルオープンにする。

少し大きめなので首や袖から風が入りやすい。

f:id:moorie:20220419141602j:image

ウールなのは汗が冷えにくいのと数日着ても臭くなりにくいから。

スパッツ

C3フィット3/4

通常は無くてもいいんだけど以前膝を痛めたことがあるので長距離を走る時には寒さから膝を守るスパッツを着用。

f:id:moorie:20220419142054p:image

C3フィットの商品はたいてい品質がいい。

レーパン

f:id:moorie:20220426115153j:image

rapha コアショーツ

ビブじゃないショート丈のレーパン。

ビブがあるとトイレで上のジャージ脱ぐ必要あり不便なのだ。

ベスト

rapha ブルベジレ

f:id:moorie:20220419142239j:image

ブルベでなくてもロングライドの時は派手な色の服を着るようにしている。たとえ自分が悪く無くても車と接触すると痛いのは自分なので。

最近ポケット付きを追加購入した。

ポケットがあると便利。

ソックス

f:id:moorie:20220426115006j:image

rapha ブルベソックス

薄手でウールのソックスなら特にメーカーは問わないけど、今回は反射素材を使ったこのソックスにする。raphaの商品が多いが、値段が高いことを除けば、特に不満は無い。ただ人気なので他の人とかぶってしまう。

グローブ

f:id:moorie:20220426115028j:image

ショート

リザードスキン

特にこだわりはなくたまたまサイズもピッタリで通気性が高いので。暑い時間帯用

ロング

100%冬用グローブ

寒い時間帯用

ロング厚手

テムレスボア付き

雨及びすごく寒い時間用。

f:id:moorie:20220426115132j:image

アームカバーと帽子。

 

準備BRM423近畿600敦賀(自転車編)

ブルベの600kmって参加費が2500円で40時間遊べるのでコスパはいいんだけど、なんやかやと機材にお金がかかってしまっている。

f:id:moorie:20220421162538j:image

アピデュラの防水じゃない方のバッグ類。

ハンドルポケットとフレームバッグが上下、サドルバッグ中サイズの4個使用。

雨が降らなければ防水タイプよりこっちの方が軽くてしなやか。

ただし雨が降ったら中身が濡れます。

なので濡れて困るものはモンベルの防水パックに入れてます。モバイルバッテリーとか帰りの着替えとか。

後ライトは2個。

f:id:moorie:20220421162902j:image

前のライトも2個。

VOLT1200と400。ライト類はキャットアイに統一しました。固定力が高いのです。

f:id:moorie:20220421163030j:image

毎度ハンドル周辺の場所取りは激しいのですが、ハンドルバーの上には何も付けずフラットにしてます。

ハンドル持つ位置にすぐ飽きるのでいろいろなポジションに対応するため。

サイコンはガーミン530だけにしました。ダメになってもスマホがあるのでなんとかなるかな。ハンドル手前のポケットにモバイルバッテリーを入れて給電できます。ここはお菓子入れたりスマホ入れたり、ジュースのボトル入れたりと最も人気の場所。1000kmならもう一つ付けてもいいかも。

今回からRidefarrの補助ハンドルを付けてます。これもハンドルポジションを増やすため。ちょっと使った感じではすごくいいです。手のひらのツボがアールに当たって気持ちいいです。600kmでの使い心地はまた報告します。

あとはチェーンとブレーキシューを新品交換。

2度目のBRM600なのでさほど不安は無いですが、寒いのだけは嫌ですね。夜の富山方面だいじょうぶかしら。まさか雪は無いですよね。

 

 

 

小浜往復180km

翌週に600kmブルベを控えているので、機材や衣服の最終確認を兼ねて、小浜までサイクリング。

f:id:moorie:20220418164344j:image

花折峠まで3人。

旧道を使って案内してもらった。

車も少なく風情があるので旧道は好き。

そこから2人で小浜を目指す。

先週から600kmに向けていろいろ変更してみた。

ホイールをニュートロンからゾンダへ、カセットを28から32に変更するも、どちらもプラス要因よりマイナス要因が多く、元に戻す。ロングライドとは言え、軽さとかキレの良さは気持ち良さに繋がるので、600km程度なら安全マージン以上に重要だと感じた。

伸びたチェーンは新しいのに交換した。交換したまま乗ったのでオイル不足だった。帰宅して注油。

ハンドルポジションは少しアップライトにしてバーテープの下に100円均一で買った家具転倒防止用の緩衝材を入れた。結果すごく良かった。

f:id:moorie:20220418165009j:image

朽木の旧市街。

古い建物がいっぱい。

ヴォーリーズ建築の郵便局跡。

小さくシンプルだけどすごく趣がある。

5月に滋賀にヴォーリーズ建築を観に行く予定なのでその前哨戦になった。
f:id:moorie:20220418165000j:image

小浜には10時20分着。

7時北山発なので3時間20分。

いつものようにこだま食堂へ。

開店10分前到着。

小浜はバイク乗りがいっぱい。

今まで11時30分開店だったのが10時30分開店になって行きやすくなった。

f:id:moorie:20220418165013j:image

前回に引き続きおろしそばとカツ丼のセット。

税込1000円。

おろしが辛くて美味しい。

カツもくどくなく、サクサクなのでお気に入り。

ご飯をさらに2回おかわりして、ご飯にカレーをかけて、コーヒーも飲んで、追加料金は無し。

ただカレーは食べすぎると胃もたれします。


f:id:moorie:20220418165016j:image

今回は北チャンプと二人。

北チャンプは名物のわらじサイズのカツ丼セット。

食べるのも走りもすごいです。
f:id:moorie:20220418165007j:image

チゲスープもおかわり無料でしたが私は食べませんでした。

それでもご飯食べ過ぎたので出発してすぐめちゃくちゃ眠くなる。

炭水化物の摂取し過ぎはダメですね。

持っていたカフェイン剤を飲んで眠気を飛ばして名田庄経由で美山へ。

名田庄までも名田庄から美山までもすごく長い。

47kmくらいなんだけど単調なので苦痛です。

なんとか美山までついて、名物ジェラート
f:id:moorie:20220418165004j:image

今回は桜餅とゆず。

どっちも定番とは言えないフレーバーですけど、どっちもすごくおいしい。

ここからはホームと言えるほど身近なコース。

小浜もそうだけど美山も京北もオートバイがいっぱい。特に大きいオートバイが多い。ロードレーサーが4台だとするとバイク100台以上あった気がする。どこもバイクだらけでした。

京北経由で帰宅。
f:id:moorie:20220418165018p:image

180km。脚の調子もよく、600kmに向けて準備ができた。

 

BRM409近畿300京都ぐるり渦潮

f:id:moorie:20220415173533j:image

昨年楽しかったので今年もほぼ同じコースで開催された300kmに参加。

昨年より1か月遅く開催。
f:id:moorie:20220415173559j:image
f:id:moorie:20220415173554j:image

行きは元気。

仲間が多いのですごく速い。
f:id:moorie:20220415173549j:image

宝塚花の道。

ここまではいい。

ここからが山岳。

かなりしんどい。

400mくらいを何度か登り返す。
f:id:moorie:20220415173556j:image

PC1。

フェリーの時間を考えて走るのが難しい。


f:id:moorie:20220415173529j:image

明石城
f:id:moorie:20220415173613j:image

フェリー乗り場。

少し早く着いたのでご飯を食べようと思ったら昨年の店が開いてない。。。。

とりあえずおにぎりとアイスクリームを食べて先を急ぐ。
f:id:moorie:20220415173521j:image
f:id:moorie:20220415173618j:image
f:id:moorie:20220415173615j:image

めっちゃいい天気。
f:id:moorie:20220415173629j:image
f:id:moorie:20220415173526j:image
f:id:moorie:20220415173632j:image

今年は開通したてのオニオンロードを通る。
f:id:moorie:20220415173602j:image

ここがけっこう登りでキツイ。
f:id:moorie:20220415173621j:image

折り返し手前でランチタイム。

生シラス入りの海鮮丼。

店がすいててよかった。

さっさと食べて先を急ぐ。
f:id:moorie:20220415173541j:image

いい景色が続く。
f:id:moorie:20220415173538j:image

PC2の渦潮。

なんとなく渦潮。

ぐるぐる回ってるほどではなかったのが残念。
f:id:moorie:20220415173551j:image

記念撮影。大所帯である。
f:id:moorie:20220415173623j:image

風力発電
f:id:moorie:20220415173544j:image

帰りもフェリーの時間に合わせて走るのだけど、昨年同様すごく追い込んで走ってしまう。

まだまだペースの予測能力が未熟だ。

狙った時間のフェリーには乗れたけどここで頑張り過ぎて明石に着いて脚が攣り始める。

みんなに迷惑かけられないので後方でゆっくり騙し騙し走って回復を待つ。

f:id:moorie:20220415173605j:image

手持ちの脚攣りに効果がありそうなものを投入する。

何が効いたのかよくわからないがしばらくして脚攣りは治った。
f:id:moorie:20220415173523j:image

PC3。ここから宝塚までがしんどいのは行きでわかっていたが、わかっていてもやっぱりしんどい。リア28Tでギアがギリギリ。
f:id:moorie:20220415173535j:image

宝塚で日が暮れる。ここからは激しい登りも無い。疲れてはいるがゴールに向けて変にテンションが上がり、疲れも忘れてかっ飛ばす。

f:id:moorie:20220415174950p:image

320km制限時間内にゴール。

脚が攣った時はどうしようかと思ったけどなんとか無事戻れた。次回はあんまり限界まで追い込まないように気をつけて走ろう。
f:id:moorie:20220415173610j:image

その場で認定していただきメダルゲット。
f:id:moorie:20220415173607j:image

全員一緒に無事ゴールできてよかった。

次は敦賀〜富山〜敦賀の600kmだ!

生卵食べ放題

ブルベの練習も兼ねて、ロードで北摂へ。

この前納豆食べ放題に行ったので今回は生卵食べ放題。

f:id:moorie:20220415171131j:image

小雨が降っていて寒い。
f:id:moorie:20220415171136p:image

そこそこ走りました。

行きはほぼ登りです。

f:id:moorie:20220415171127p:image

到着。

f:id:moorie:20220415171252j:image

定食を頼むと生卵は食べ放題。

3種の醤油(プレーン、にんにく、山椒)はかけ放題です。そんなにかけませんが。
f:id:moorie:20220415171140j:image

生卵は食べ放題ですが白ご飯は食べ放題じゃないので200円でおかわりしました。

お得かというとそうお得でも無いですが、生卵好きなら楽しいのは確かです。

話の種に一度くらい行ってみてもいいかも。

私は生卵6個食べました。一緒にご飯も食べるのでおなかいっぱい。

お土産にすぐ近所の山口納豆が売店にあったので購入。

f:id:moorie:20220415171134j:image

これ家族に好評なんです。