朝焼けの中で

日の出、朝焼けのブログです。

関西シクロクロス第四戦 美山 向山

f:id:moorie:20171204201220j:image 

前日の京都府年代別選手権とは違って公式なシリーズ戦。私の走るC2だと勝てば日本最高カテゴリーC1に上がれるレース。前日とはメンバーも違うし殺気が違う。選手はほぼ全員が年下。下は現役大学生。30歳以上違う。車だと同じエランでも1965年式と1996年式でかなり違う。旧車で勝つのは至難の技だ。

f:id:moorie:20171204200145p:image

1965だとクラッシックカーっぽい。楽しそうだけど絶対スピードは遅そうである。

f:id:moorie:20171204201338p:image

 

1996だと現代車だ。これに勝てるのか(*_*)


コースは前日と同じ。路面コンディションはよく、ぬかるみは無い。コースが荒れるほど得意なので優位性はなくなった。あとは前日レースで走っているのが吉とでるか凶とでるかだ。
シード権を持ってないのでスタート位置が悪い。35番手。
このコースは狭いので圧倒的に前が有利。なのでスタートの一周で無理して借金してでも前を走る必要がある。
スタート!狭いコースにみんな猛スピードで突入。

f:id:moorie:20171204200408p:image

全然見当たらない。

わかっているけど怖い。怖いけどひるめない。チキンレースだ。山に入ってすぐ大渋滞するのはわかっている。コースの幅に対して人数が多すぎる。前の選手が減速したら追突するか減速するしかない。数人ずつしか先に進めない。ここで先に行くには減速してゆっくりコーナーを処理している選手の横を自転車を担いで走って追い抜いて行くこと。自転車で走行できるラインは一本でも走れば脇から追い抜ける。無理して息が上がるほど走って集団前方におどりでる。実力的には無理なポジションだけれど、元気なうちはがんばって順位を下げないように飛ばせるところは飛ばして、コーナーは丁寧に走る。一周目終了時で10位。上出来だ。

f:id:moorie:20171204200848j:image
ここからは慎重に残留チケット獲得に向けて走る。このまま12位くらいでレースを終えれば今シーズンの残留は一発で確定するけど、そんなに甘くない。毎周回3人づつくらいに抜かれて行く。順位を毎周回教えてくれる人があちこちにいて非常に助かる。残留ウオッチャーからすれば早過ぎても遅すぎてもドキドキしないと思うので、そういう意味では今回の残留線上のレース展開は面白かったかもしれない。
最終周回に入った時点でまだ10名くらいの貯金があったので気持ちが緩んでしまい、最終的にはいつも通りのギリギリ辺りで残留チケットげっと。

f:id:moorie:20171204200559j:image

ぶらいあんの後ろは渋滞しがち。

f:id:moorie:20171204200609j:image

マウンテンバイカーだけど、下りはかなり保守的な走り。

何としてもここで一枚切符をゲットしないと後が厳しいから。
今回は前日にレースにでてメカトラを出し尽くしたのがよかった。特に狙った一周目の走りは良すぎるくらいだった。

f:id:moorie:20171204200752j:image

セーフ残留チケットげっと!
次は二週間後マイアミの砂地獄。砂浜ランニングがあるタフなコース。自信はまったく無し。だけどがんばりどころだ。これで三枚目のチケットげっとして来期の残留決めたいなー。