朝焼けの中で

日の出、朝焼けのブログです。

日帰り阿蘇!どこでもドアキップで熊本サイクリング

f:id:moorie:20201011213609j:image

今回は期間限定のJR西日本発行どこでもドアキップを使って京都から阿蘇まで行く日帰りサイクリング。

どこでもドアキップは3日間JR西日本、九州エリア特急も含めて乗り放題。

熊本での滞在時間を長くするため、始発で行って、終電で帰る。

京都駅5時前に集合。

家から京都駅までJRを使うと10分程度なのだが、嵯峨野線の始発はその時間にはなく、自走で京都駅まで行く。真っ暗の中35分ほど。道は空いているのでたいした負担ではない。ただ眠いだけ。

京都駅から普通電車で新大阪まで行き、乗り換えて鹿児島行きののぞみに乗る。

f:id:moorie:20201013132628j:image

次の快速でも間に合うけど余裕を持っていく。

f:id:moorie:20201013132816j:image

f:id:moorie:20201011214312j:image

各車両の一番後ろに指定席を予約すれば自転車を椅子の後ろに入れられる。うまくすれば片側に2台入ります。

これオススメです。
f:id:moorie:20201011214319j:image

コロナの影響か、すいている。
f:id:moorie:20201011214325j:image

トイレは住めるほど広い。

ホテルのように快適。

新幹線3時間で熊本に到着。スマホいじったり本読んだり。有意義な時間が過ごせた。Wi-Fiもあります。

今回コロナの影響で駅弁とかホットコーヒーがなかったのがさびしい。

f:id:moorie:20201013133014j:image

熊本からこれに乗りたかったんだけどタイミング合わずに普通で肥後大津まで。

f:id:moorie:20201013133115j:image

f:id:moorie:20201013133136j:image

まだ朝の9時過ぎなのでどこでもドアで京都から熊本まで来た感じ。

ここでコインロッカーにいらない荷物(帰りの着替えや輪行袋など)を入れてサイクリング開始。

シフトワイヤー切れやパンクなどのトラブルも発生するが、無事クリアして阿蘇に向かう。

阿蘇は1000m以上の山なので登り基調。

f:id:moorie:20201013133700j:image

市街地からだんだん家が無くなっていき
f:id:moorie:20201013133650j:image

木もなくなっていき、
f:id:moorie:20201013133657j:image

ススキと草原。
f:id:moorie:20201013133654j:image

草千里に着くころには絶景慣れしてきた。景色の変化というよりも雄大な景色の中にずっといる気持ちよさが阿蘇にはある。

信号もほとんどなくて本当に気持ちよく走れる。ま、長い登りだけど。

f:id:moorie:20201013134041j:image

福岡ご当地ぐるめ、太平燕

春雨入りの八宝菜みたいかな。
f:id:moorie:20201013134044j:image

阿蘇お土産店にて。
f:id:moorie:20201013134048j:image

火山だけあってカイロもマグマ。

今回は天気がよくて暑いくらいだったけど、山の上なので少し曇れば寒いかも。

草千里から山頂へ

f:id:moorie:20201013134404j:image

だんだん草も生えなくなって火星のようになっていく。

火星知らないけど。

f:id:moorie:20201013134519j:image

f:id:moorie:20201013134537j:image

赤いランプが回ってる!噴火中やん。

f:id:moorie:20201013134638j:image

煙モクモク。

山頂観光の後、ここからは下り。

自転車は下りは楽ちん。


f:id:moorie:20201013134850j:image

えらいスピード出るし怖いよ。
f:id:moorie:20201013134844j:image
f:id:moorie:20201013134858j:image

このあたり気持ち良すぎ。
f:id:moorie:20201013134854j:image

お馬ちゃんと牛さん。

f:id:moorie:20201013134946j:image

下りでぶつかったら死にそう。

下り終えたら次は外輪山へ。

阿蘇山の周りをぐるっと囲む山々。

ここは帰りにちょっと寄りますという感じだったが実はこれが相当ハードだった。

京都では味わえないくらいの長い登り。1000m級。

信号なく1時間走れるので登り好きならごちそうかも。

f:id:moorie:20201013135257j:image

写真で見るとキレイだけど遅れてる二人はブルーだったかも。

f:id:moorie:20201013135300j:image

ピークへは徒歩で。
f:id:moorie:20201013135254j:image

阿蘇大観峰

f:id:moorie:20201013135303j:image

風が気持ちいい。

ここからは尾根つたいに帰る。

外輪山の尾根。

わっかになった山の尾根。

延々続くんです。


f:id:moorie:20201013135903j:image

f:id:moorie:20201013135909j:image

ゆるい下りとゆるい登り返し。

たしかに気持ちいい。ただ終わらない。

予約している店の時間が迫ってくる。

景色を楽しんでる余裕がなくなってきて、ただ必死にペダルを回す。

f:id:moorie:20201013140151j:image

肥後大津で荷物を出して熊本を目指す。

夕陽に向かって20km。
f:id:moorie:20201013140159j:image

熊本。

市電が走っていて懐かしい。

20分遅れでお店に到着。
f:id:moorie:20201013140205j:image

お馬ちゃんと再会。

おいしかったー。
f:id:moorie:20201013140209j:image

トイレにラモーンズ

ぶらいあんになる前実はモーリー・ラモーンだったのだ。
f:id:moorie:20201013140155j:image

20時半過ぎの新幹線で京都へ。

チケットの手配からコース設定まで友達にお任せで楽しませてもらいました。

強引な日帰り阿蘇で予定通り行かないこともありますが既成品の旅行にはないバタバタ感が楽しいですね。

また誘ってくださいねー。